暇人の雑駁

雑然として統一がないこと。また、そのさま。

【感想】三体Ⅱ 黒暗森林

えげつない面白さです。
第一部である「三体」は「黒暗森林」の序章に過ぎませんが、それでも「星を継ぐもの」や「幼年期の終り」を彷彿とさせる面白さでした。これはSFにおいては最大級の褒め言葉なのですが、「暗黒森林」はさらにその上をゆく面白さです。
正直、何処かで流石に失速するのではないかと思いながら読み勧めていましたが、杞憂に終わりました。見事です。中国SF恐るべし。

面白いSFによくあるのは魅力的な用語かなと思います。1984とかわかりやすいですが、「二重思考」とか「二分間憎悪」とかそういうのです。そしてこの暗黒森林はそういう用語が沢山出てきますね。「面壁者」「破壁人」「智子」「精神印章」などなど。特に「面壁計画」については、本当に心躍らされました。

「面壁計画」の設定が面白過ぎて、これを題材にモノポリー的なゲームとか作れそうだな、って勝手に思っちゃいました。ほんと偉大なる戦略家に敬意を払います。
帯コメントに「劉さん自身が最高の面壁者です」とか書かれてて、まぁその通りかな、と笑

作者自身が仰っていましたが、この「三体」という作品を二項対立のSF小説(曰く二次元小説)と呼んでいました。そこに宗教や哲学が加わると三次元SFなんだとか。
こういう括りで言うと私は三次元SFの方が圧倒的に好きなのですが、二項対立のほうが王道感ありますよね。そして作品にも言えますが、やはりシンプルなものは強いんですよ。勿論、シンプルさには妥協の許されない美しさを伴う必要がありますが、「三体」はそういう意味でも理論物理学者でもない限り、そうそう違和感なく面白く読めるのではないでしょうか。

この「三体」シリーズ、万人にオススメできる小説です。これをキッカケにSF小説に目覚めるとかもアリだと思います。一部、二部を経ることで、最高のカタルシスを味わえる作品なので、読まないという選択肢が本当に勿体ないです。


三体Ⅱ 黒暗森林(上)

三体Ⅱ 黒暗森林(上)

三体Ⅱ 黒暗森林(下)

三体Ⅱ 黒暗森林(下)

何かをしなければいけないという感覚

忙しさのなかに空いた時間を見つけた時、何かをしなければいけないという感覚に駆られる。
空いた時間を有効に使おうと、娯楽であったり、会話であったり、創作であったり、何かの目的を定めて時間を消費しようとする。

その時間をどのように使うのかは誰にも決めることが出来ないのに、自身で枠に嵌めて消費の選択や結果にあれこれ考えを巡らせてしまう。

本当に勿体ないと思う。

端的に、自由が怖い人間が多いのだと思う。何にでも使える時間というのは、選択の自由を意味している。その選択を枠に嵌めてしまわないと、選択すら出来ないのだ。
自由であるのに自身の思考に囚われてしまっている場合は、一度「何もしない」という選択を取ると、案外良い結果を得られたりすると思っている。
「何をするか」の前に「何をしないか」「何もしないか」などの選択肢があることを認識しないのは、勿体ないことである。

【感想】「風の谷のナウシカ」を劇場で観て。

先日、映画館で「風の谷のナウシカ」を観てきました。
「一生に一度は、映画館でジブリを」良いキャッチコピーだと思います。

もう金曜ロードショーも含めて何度も何度もナウシカを観てきています。子供の頃は眠くなって腐海に突入するくらいで観るのを終えていたり、寝ぼけながらエンディングまで辿り着いたりと視聴の環境や程度は異なるもののナウシカに触れ続けていたと思います。
今回、初めて映画館で観ることで、改めてナウシカに気付かされたことが多くありました。ただこれは観る媒体や回数に限らず、私自身の変化が及ぼす影響だと感じます。変化に依って受け取り方が変わり、かつ子供から大人まで楽しめるのはジブリと言うか宮崎駿の為せる作品ですね。

f:id:ryumats:20200630221549j:plain
ポスター、良き。

ナウシカについて

改めてナウシカというキャラクターを観ると本当に恐ろしい存在です。人も、蟲も、自然も、全てに対して慈愛を持って接しています。自身を犠牲にしてまでも、自身が何を為すべきか何を為したいかを実直に向き合って行動しています。
彼女はその労りと友愛を持って万物に接することで、万物から愛される存在になります。敵も味方も、蟲でさえ彼女に対して心を開きます。映画では一貫した彼女の姿勢が村里を救う結末となっていますが、原作である漫画ではさらに壮絶な物語の中を生きています。
多くは語りませんが、腐海の成り立ちや、王蟲の意思、様々な人種と接することで彼女は自身と自身の世界について理解していきます。
ナウシカは決して自己投影の対象ではないと思います。ナウシカのすべてを共感できる人なんて稀人です、それくらい彼女は突出した人物像です。漫画では一部の部族から女神扱いされているのも頷けます。
彼女の労りや友愛の根底には物事を表面的に判断せず、本質的な部分を感じ取るところがあります。この本質的な部分を、あらゆるものへの労りと友愛といった表現を通して多くの人に肚落ちするようなキャラクターだと思います。つまりは、視聴者はナウシカの周りにいる村の民やクシャナなどの敵兵と同じ目線でナウシカに触れ、変化を得るのではないかと思います。千と千尋などとは全く逆のアプローチではないかと。

世界観について

ナウシカの世界は残酷です。腐海の瘴気のあるところではマスクなしでは数秒で死に至り、腐海のほとり村里では年老く者は少しずつ瘴気に冒され死に行きます。腐海では人を襲う蟲達が支配し、人類はあらゆるものに追いやられて生活しています。また、産業文明は滅び、自然と生きる村の民や火を捨てた民、産業文明の欠片を使って戦争を始める民など、環境や人といったあらゆる面で混沌としています。
このような世界観で私が最も感じるのは生きていること自体が美しいということです。当たり前のことですが、明暗がはっきりとしている方が明瞭です。残酷な世界であるから、そこに見出すものがより美しく感じることがあります。こんな世界であるにも関わらず、人としての尊厳や気高さを忘れずに、万物に対して労りと友愛を持って接しているナウシカの存在がどれだけ輝かしいものであるか、やはり上記のような存在です。そして、ナウシカを通じて、普遍的な世界への問いかけと、不変なものはないという問いかけを行うこの作品を生み出した宮さんの奥深さには流石としか言いようがありません。

長々と書きましたが、劇場で観るジブリは最高です。曇りなき眼で劇場に足を運ぶことをおすすめします。

恐るべし、BL漫画。

なんで少女・女性向けの漫画ってエロシーン自重しないんですかね。

今日、とある漫画を適当にKindleで表紙買いして、18歳以上の確認も出なかったし、表紙察するに普通の漫画かと思ったんですけど、その実BL漫画で2話に1回くらいエロシーンあって、容赦ねぇなって感じました。

男性向けのそういう漫画って多分、18歳以下に向けた注意が出てきて、購入するときにハッキリ分かると思うんですけど、女性向けのそういうのって違うんですかね。。(この漫画が例外ってパターンもありますが)

ちょっと偏見も入っているかもですが、女性がBL漫画のエロシーン読むのと、男性が通常のエロシーン読むのでは、前者のほうが性癖歪んでる気がするのですが、これって気の所為でしょうか笑
しかも女性の場合、年齢制限ないんですよ。えげつねぇ。。。

ちなみにキチンと全3巻読ませていただきました。当方、BL耐性あります。「LOVE STAGE!!」とか結構好きです。

「ダイヤモンドは傷つかない」という表現

「ダイヤモンドは傷つかない」この言葉から何を連想しますでしょうか。

ちょっと言葉が異なるのですが、私の場合「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」の一択でした。語源が気になりだしたのは東京パフォーマンスドールの曲「ダイヤモンドは傷つかない」を聴いたときです。何故こんな古い曲を聴いていたのかは置いておいて、語源が気になりだしてしまったので、少しだけネットで検索かけました。

ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」 - 1992年4月

言わずもがなです。1992年に週刊少年ジャンプにて連載開始みたいです。1992年20号から連載が始まったようなので、おそらく4月くらいだと思われます。
主人公である丈助のスタンド名が「クレイジー・ダイヤモンド」って名前なんですよね。ジョジョのスタンド名はだいたい曲名とかバンド名から取っていてこれはピンク・フロイドの「Shine On You Crazy Diamond」から取ってきているみたいです。
ちなみに私が覚えている限りですが、仗助が俺のスタンドは砕けない。とか、ダイヤモンドは砕けないということを示唆する発言はしていなかった気がします。
てか、「Shine On You Crazy Diamond」かっけぇ。。。

東京パフォーマンスドール/ダイヤモンドは傷つかない」 - 1993年11月

東京パフォーマンスドールってグループがあったんですね。93年生まれなので当時0才児でした。メンバーの中には私でも知ってるくらい有名な「篠原涼子」さんとか居たみたいです。
当時の映像も観たんですけど、若かりし頃の「篠原涼子」さん可愛いです、今の方が私は好きですが。ちゃんと生歌で放映されているのも今と違って好感持てますね。2014年にリメイクと言うかメンバー募集して再結成したみたいなんですが、私はこの曲だけで言うなら(この曲しか聴いていない)当時の方が圧倒的に好きです。
ちなみに作曲は小室哲哉です。さすがのクオリティです。


ドキドキ!プリキュア」 - 2013年-2014年

なんか調べてたらヒットしました。なお本職、プリキュアシリーズに一切興味はございません。
キュアダイヤモンドってキャラクターが

知らないのなら教えてあげる... ダイアモンドは、傷つかないのよ?

って台詞を吐くみたいです。可愛らしいですね。これもまたYouTube大先生にUpしているものがあったので確認しました。CVが寿美菜子さんなんですね。

ダイアモンドは傷つかない/三石由起子」 - 1981年

三石由起子氏の小説のようです。内容はWIkiであらすじ見たくらいですが、ドロドロの昼ドラ展開でしょうか。まず読まない小説の類です。1982年5月に映画化もされているみたいです。映画化されるくらいだから、当時は話題になったり、売れていたり、そこそこ知名度はあったんでしょうか。

総括

最も古く、言葉としてそれっぽく使われたのはおそらく「三石由起子」さんの「ダイアモンドは傷つかない」ではないでしょうか。
オリジナルはどれで、パクリはこれで、とかそういう不毛な争いには一切興味はありませんが、似たような言葉があるとちょっと気になってしまいました。

※本文に置いて「ダイヤモンド」及び「ダイアモンド」の呼称は同一であると考える。
また、「傷つかない」や「砕けない」といったダイヤモンドに対する事象については広義の同一表現と捉えることとする。

働きたいような、働きたくないような。

本日、給料日でした。
4−6月は残業しないように心がけていたのですが、4月は35時間くらい、5月にいたっては65時間超えで給料高すぎて泣きそうでした。そして6月、残業しない努力をして8時間に抑えることができ、だいぶ給料を低く抑えられました。(6月のペースを3ヶ月維持したかった、、、)

そして、「お前今年度一度も有給取得してねぇじゃねぇか。」って注意受けました。いや、取得できるならしてるがな、って全力で思いましたね。(代休も消化できてねぇ)

給料日の勢いでお昼はステーキ屋さんでカレーライス食ってきました。鉄板熱すぎて白米で口の中火傷するっていうレアな経験をしました。

アウトプット大切

昨日で連続投稿が31日に達しました。1ヶ月連続投稿ってことですね。
なんとか三日坊主にならないようにと毎日適当に書いていましたが、継続できて何よりです。
とはいえ、今後も毎日投稿する気も起きないのでルール定めて適当に投稿してきたいと思っています。

  • 最低週1は投稿
  • 媚びた内容にしない
  • 整理された内容を投稿 

こんな感じでしょうか。あくまで頭の整理とアウトプットを目的に継続していきたいと思います。
ステイホームで家に居ることのほうが多いんですけど、結構頭の中では色々と思考が巡ってて、意外にも書くことあるな、という印象です。